住宅の屋根の形はどっちがいいのか

昔の家はほとんどが屋根の形は三角にしている家ばかりでした。平らな屋根をしているのはビルだったり、アパートのようなものが平らな屋根を使っていて一戸建ての住まいにはほとんど使われていませんでした。

でも最近になって変わってきました。それは平らな屋根の家が増えてきているのです。
住宅にも平らな屋根を使うようになってきたのです。
ちょうど私が家を建てようとする時ぐらいに平らな屋根の家がどんどん出てきたころでした。私はその頃ははじめは三角の屋根の方が家らしいと思っていたのです。

しかし、家づくりをしていくうちに考えが変わってきました。最近の家はおしゃれな家がどんどんできてきたのです。
それで平らな屋根の方が似合う家がでてきたのです。
私の家も間取りがすごくでこぼこになっていたので三角屋根は少し難しかったのです。
そこですっきりするように平らな屋根を選びました。それが私の家の外観には似合っているのでよかったです。
家によって似合うものとあるのでそれぞれによって選ぶといいと思いました。そして最近では太陽光発電を設置する家庭が増えてきました。その時に便利な屋根が三角屋根なのです。
そうした方が土台が要らないでいいので安く設置することができるのです。
特に後付けする場合は平らな屋根の家に太陽光発電を設置する場合には台のお金もかかるので高くなってしまいます。
そうやって住宅を建てるときは考えて建てるといいと思います。
私も平らな屋根で今は満足しています。

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.