アパートとマンションの違いは?

アパートとマンション、その違いはなんでしょうか?なんとなく、マンションの方がきれいで、アパートの方がちょっと古くて汚いといったようなイメージがありませんか?マンションよりアパートの方が少しネガティブな響きを持っていますよね。そう思っているのは私だけではないはずです。

では実際にはどうでしょうか?マンションは鉄骨、鉄筋、コンクリートでできている建物。アパートは木造、軽量鉄骨造、プレハブ造の建物の事を言うようです。見た目とか古さとかではなくてできている素材で区別するんですね。確かに木造より鉄でできているほうが高級感のある見た目にもなるのでしょう。一番の違いは、音の通し方です。鉄やコンクリートでできているマンションよりも木造のアパートの方が、上下の音を通しやすいんですね。またもう一つの違いは湿気です。木造アパートの方が通気性が良いのでほとんど結露に悩まされることはないようです。しかし鉄やコンクリートはあまり通気性が良いとはいえないので、湿気による結露は日常の問題に成りえます。また、費用はアパートの方が建築費が抑えられるために安いようです。アパートの方が安いというなんとなくのイメージの裏にはそんな理由があったのですね。イメージだけに囚われることなく、しっかりと考え借りるならどちらにするか決めたいですね。

注目リンク

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.