マンションと比較したアパートのメリット

アパートというと、マンションと比べて階数が低く部屋数が少ない集合住宅といったイメージがありますよね。しかし、アパートにもメリットや魅力はあるものです。今回はこうしたアパートならではの魅力についてまとめてみましょう。まず、最大の魅力は低コストであることです。家賃はもちろん、敷金や続きの管理費がかなり安めに設定されているのです。同程度の立地に同程度の広さのマンションでもアパートよりは1.5倍から4倍するというケースも珍しくないでしょう。立地や広さが同じであればアパートの方がお得な面もあるわけです。

アパートとマンションの違いは主に素材と構造です。これ自体は中身の部屋に入ってしまえばそこまで目立たない違いなのですが、強いて大幅にマンションより見劣りする点を挙げるなら設備です。マンションであれば容量の大きい立体駐車場等が設置されている場合も多いのですが、アパートの場合は駐車場が住人の世帯数分は確保されていない場合があります。またオートロックやエントランスの受付の有無といったセキュリティもマンションの方が充実していることは確かでしょう。これらがそのまま管理費用に反映されているわけですからここは妥協ポイントと言えます。逆に、車を使わない場合やそこまで設備にこだわらない場合にはアパートの方がすっきりとした住環境なので住み心地のいい場合もあります。個人的には同じ家賃の6畳のワンルームマンションより、20畳の2DKのアパートの方を選びたいところです。

注目リンク

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.