引越し後の運搬作業が大変でした

僕は一年ほど、アパートで一人暮らしをしていましたが、働いていなかった為、貯金が底をつき、父にも促され、実家に引越しする決意をしました。実家にはたまに顔を見せていましたが、元々の子ども部屋などには、あまり足を踏み入れていませんでした。

しかし、僕の部屋は、実家に戻ってきた以上、その子ども部屋になる予定だったのです。
久し振りに入る子ども部屋は、ほとんど変わっていませんでした。テレビもブラウン管で、ベッドも使い古されたものでした。巨大なビデオラックもそのままでした。子ども部屋を見てすぐ「これは大規模なレイアウトの見直しが必要だな」と思いました。そこから、僕と父の、大変な運搬作業がはじまったのです。
まずはテレビですが、今更ブラウン管はないので、車庫に運び込むことにしました。やはりブラウン管は非常に重く、二人でもかなり苦労したのを覚えています。
そしてその後には、もっと大変な運搬がひかえていました。巨大なビデオラックです。
今やビデオなど見ないので、かなり場所をとっているビデオラックが、非常に邪魔になっていたのです。
中身を全て取り出して、少しでも軽くして、やはり父と二人で、車庫に運び込みました。ブラウン管より更に重く、かつ大きいので、階段をおりたりする際に、細心の注意を払い、時間をかけて、ようやく運搬に成功しました。

しかし安心は出来ません。今度は僕の荷物を子ども部屋に運び込まなければならないのです。
結局二日ほどかけて、僕の部屋は完成しましたが、あの運搬作業はもう二度としたくありません。

注目リンク

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.