アパートを選ぶ際注意するべき点

実際にアパートを借りた場合に注意しなければならないことをおさらいしていきましょう。まず気にするのは音、振動についてです。築年数によってはテレビの音も隣に聞こえてします建物のあります。壁のつくりに注意しましょう。子供は特に音を出して歩き回ったり、飛び跳ねたり振動の問題が出てきます。コンクリートの建物は音や振動に強いですが、機密が高いために湿気の問題も起きます。まずはアパートの造りに注意しましょう。通常は木造ですので、壁の厚さなど、十分に説明を聞いてください。値段だけで考えてしまうと意外と音漏れ振動が気になる物もたくさんあります。生活する以上、音と振動は注意が必要です。

次に考えなければならないことは階数です。アパートは通常2階建てと思いますが、1階と2階では、大きく環境が異なります。まずは家具の出し入れなど大型荷物の搬入です。搬入を考えると1階がいいと思います。また、下には住んでいる人がいないため振動もあまり気にすることはないと思います。2階の良さは日当たりがいいこと、冬期間の暖房です。暖かい空気は上にいきます。寒い時期光熱費を考えると2階が住み心地がいいようです。その分下に住んでいる人へ振動の問題は1階よりも大きいです。以上を検討して住み心地のいいアパートを探してください。

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.