アパート契約時に頭に入れておくこと

賃貸契約するさいには、頭に入れておくことが多々あります。なんとなく、このアパートがいいから住んでみようではいけません。契約時に連帯保証人という存在がある以上、無責任なことをしていてはいけませんからね。

まず、その建物では何が禁止されているかということ。最初に考えておくべきなのは、ペットが可能なのかどうなのか。当然、一戸建てとは違い共同物件なわけですから。借り主の好き勝手に、動物を持ち込んではいけません。ペットの鳴き声が騒音となり、隣り近所の迷惑になりますから。なので、契約時に禁止かどうかを知っておかなければなりません。

騒音といえば、ピアノ禁止という例もあります。家族によっては、楽器が趣味という方がいらして当然です。しかし、この楽器でさえも迷惑行為になりうるんです。木造建築であれば、音漏れの度合いも顕著になりますからね。これらの契約を違反した場合、ペナルティを科せられるかもしれません。賃貸にとっては当然な約束事。社会人であれば守って当たり前のことだと思います。また、退去前の日数計算も大事ですね。急に引っ越したくなったから明日退去します、では契約は成り立ちません。通常は最低一か月以上前には申告すべきではないでしょうか。色んなルールを守って、アパートに住んでいきたいですね。

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.