家族全員で引越しをする安心感

「また引っ越すの?」というのは、私がまだ小学生だったときのことでした。父の仕事柄、転勤がとても多かったため、そのたびに家を転々としていたのです。

しかしそれは、いつも家族全員と決まっているものではありませんでした。学校の転校の手続きや、地域の市役所の関係上、私と父だけで引越しをしたり、父と姉だけで引越しをしたりと、家族がバラバラになってしまうこともあったのです。
私はそのたびにいつも、次に会えるのはいつになるのかと、寂しい気持ちでいっぱいでした。

しかしあるとき、父からとても嬉しい報告があったのです。
それは、「これが最後の引越しだよ」という言葉でした。私はそのとき、ただ素直にその言葉を喜んだだけだったのですが、それは、父が1つの支店の責任者として任され、そこに就任することができたということでした。こうして私たちは、最後の引越しを家族全員ですることができました。新しい土地に行き、今まではアパートやマンションに引越していたのですが、そこには一戸建ての家があり、そこが私たち家族の家となりました。私はこのとき、もうここから離れることもなく、また、家族が離れ離れにならないことを感じ、とても嬉しかったことを覚えています。
それからというもの、父が毎日出勤する姿を見て、また、家族そろって父の帰りを迎え、いつもみんなで一緒にいました。たくさんの引越しを経験した私でしたが、家族全員での引越しは、とても安心できるものでした。

注目リンク

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.