アパート契約時の諸費用

さあ、一人暮らしを始めよう。そう思い立って、明日入居というわけにはいきません。物件という物件を吟味したあとは、不動産と契約です。わたくしは生まれて初めてアパートを借りる際、ここで知ることとなったのが敷金礼金です。

そんなにお金をもっていなかった学生時代。初めて家賃を払う期日までに、貯金をしておこうと考えていました。しかし、契約時にそこそこの金額を払う事になろうとは。まず、当然必要なのが敷金礼金です。借り手の家賃滞納やその他契約上の債務を担保する目的で、不動産に差し出す金額なんですが。物件によってそれぞれ違うんですが、何万円かを支払うこととなります。しかしご心配なく、そのまま一円も戻ってこないわけではありません。契約の終了時に、いくらかは戻ってくることとなります。これも物件によって様々ですが、その部屋を大事に使えば使うほど多く戻ってくるはずです。敷金礼金は、今まで住んでいた部屋のメンテナンス料として当てられますから。そして、契約時には鍵交換料というものも発生します。大体一万円から一万五千円くらいでしょうか。そして、最初の入居の際には約二か月分の家賃を払う事が多いです。アパートを借りるまえには、貯金しておくことが大事ですね。

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.