資産活用に賃貸アパート経営

現在の日本においては経済活動の低迷が長らく続いています。政府も景気刺激策や経済対策などをさかんにおこなっていますが、根本的な回復にまでは至っていません。それに対して高齢化や少子化が急速にすすんでおり、近い将来には日本の現役世代が現在よりも落ちることが確実視されているのです。そうなれば現在の社会保障制度、医療福祉制度は維持していけない状況に陥ってしまうことが心配されており、それに対しての備えの必要性も叫ばれています。このような情勢の中、とくに20代後半から30代中ごろまでの若い世代、景気が低迷している頃に就職活動などを経験してきた世代が敏感に反応しており、将来への備えを始めているそうです。企業に勤めながら投資や副業を行い、安定した収入源を確保しようとしていく。そのような世代にとくに注目されているのが賃貸アパート経営などの資産活用なのです。

有効に活用していない土地や建物を賃貸アパートとして貸出し、家賃収入を得る。こうすれば安定した収入を得ることができますし、遊休地となっていたような資産も有効活用することができます。また土地や建物がなくても土地探しからアパート経営の全てをプロデュースしてくれるサービスもありますので、少ない費用で副業を始めることができるので、将来への備えとして検討してみるのもいいかも知れません。

注目リンク

Copyright (C)2017アパートとマンションの違い.All rights reserved.