アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違い

みなさんは人にアパートかマンションの違いを聞かれてすぐに答えられますか。恥ずかしながら私ははっきりとは答えられませんでした。なんとなく私の中ではマンションは建物の高さが高いイメージでアパートは低いイメージがあります。そこで、調べてみるとアパートが二階までで木造か軽量鉄骨造りなのに対してマンションは階数に制限がなく造りが鉄骨造りや鉄筋コンクリート造りなのだそうです。建物の階数が二階でも鉄骨造りや鉄筋コンクリート造りの場合アパートではなくマンションということになり、アパートとマンションの違いを外観から見極めるのは無理ということになります。

アパートとマンションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。まずアパートですが築年数にもよりますが家賃がリーズナブルなものが多いです。マンションと家賃が同じでも間取りがアパートの方が広い場合も多く、無料の駐輪場がついていたりします。しかし、造りが木造だったり軽量鉄骨造りなので周囲の生活音など音の面に対しては少し弱いです。マンションのメリットは、鉄筋コンクリート造りなので自然災害に強く、最近はオートロックや防犯カメラがついている物件が多いためセキュリティがしっかりしています。デメリットはアパートに比べて家賃が高くなることが多いことがあげられます。どちらが優れているとかはないので自分に合った方を選ぶのが一番だと思います。

Copyright (C)2016アパートとマンションの違い.All rights reserved.